合格実績・合格体験記

たくさんの夢が実現しました!

東進ネットワーク
2022年現役合格実績

東進ネットワーク生(東進ハイスクール・東進衛星予備校・早稲田塾)の現役生のみ、高3時在籍者のみの合同実績

東進の基準は
他の予備校とは異なり厳格です

  • ・現役生のみの実績で高卒生を含まない。
  • ・東進生としての入学手続きを行い、通期講座1講座分以上にあたる教育サービスを受けた生徒を対象とする。講習生や模試生は含まない。
  • ・当該年度の高3時に在籍した生徒のみを対象とし、高1や高2時にのみ在籍した生徒は含まない。
  • ・合格実績の確定は3月31日を締め切りとする。4月1日以降に判明した合格者は計上しない。

大学入試 合格体験記

東進衛星予備校 小松駅前校から
合格した先輩たちの記録です

東京大学 理科Ⅱ類 合格

番口悠太郎くん

小松高校 卒業

私がすすめたい東進の講座は長岡先生の数学ぐんぐん応用編です。この講座をすることで、数学の様々な分野を一通り見直すことができ、理解を深めることができました。後から見返すとどれも基本的でかつ重要なことばかりだと思いました。またこの講座は非常に練習問題が多いので、充実感を得ることもできます。受講後は実際数学の点数が飛躍的に上がりました。数学に悩む人はとりあえず受けてみるのもいいと思います。

続きはこちら

金沢大学 医学類 合格

井村健太郎くん

小松高校 卒業

1年生の時から共通テスト本番レベル模試を受け続けたことで共通テストを得意にできたことが大きかったと思います。早い段階で主要科目の点数を安定させることができたので直前期に地歴にたくさんの時間を使うことができました。また、東進模試は他の模試に比べ少し難しくつくられているので、かわった問題や難しい問題への対応力をつけることもできました。1,2年生は早いうちに英語と国語の点数を安定させておいた方がいいです。この2教科は一度できるようになれば勉強しなくてもあまり下がってきません。他の教科は直前期で何とかなります。

続きはこちら

金沢大学 医学類 合格

森成亜くん

小松高校 卒業

私が大学受験を乗り越えられたのはたくさんの人の支えがあったからです。その中の1人が副担任の薮さんです。受験勉強を始めた当初は、スマホやテレビの誘惑に負けて十分な勉強時間をとることができていませんでした。そんな時に薮さんから「何かを得たいのなら、同時に何かを捨てる覚悟をしろ。」とアドバイスをいただきました。覚悟を決めた僕はスマホやテレビといった無駄な時間をすべて勉強にあて、最大限の勉強時間を確保することができるようになりました。その結果、金大医学類に合格することができました。

続きはこちら

富山大学 医学部 医学科 合格

南芽吹くん

小松高校 卒業

高校1年生時から、学校での部活動が終わった後から東進に通学するという習慣を確立することができたことが良かったと感じている。高校1年生時から、学校の授業よりも先取りして、受講を進めることができ、早期に高3までの単元を習得することのできたことで、他の受験生よりも早く受験勉強に取り組み、二次で他の受験生よりも得点を取れ、逆転合格できた。

続きはこちら

東京工業大学 工学院 合格

山口陽向くん

小松高校 卒業

東進の受講システムを利用し、高校1年の間に数Ⅲまでの学習を終えたことで学習計画全体に余裕が生まれました。全体的な余裕が生まれたことで、数学の演習に費やす時間を大目に確保することができましたし、苦手科目を克服するための時間も確保することができ、全体の得点力の向上につながりました。

続きはこちら

名古屋大学 理学部 合格

庄田 愛実さん

小松高校 卒業

私は高校に入学する前から東進に通っていました。その時期に高校数学を学習し始めたことで入学後もスムーズに数学の学習を進めることができました。さらに、当時の副担任の先生が演習を勧めてくれたことで学習が定着しました。そのおかげで、学校が指定していない範囲のワークをしたり、他の科目に力を入れたりすることができ、入試でも数学を得点源にすることができました。

続きはこちら

九州大学 工学部 合格

田畑 武琉くん

小松高校 卒業

個人的におすすめの講座は3つあります。1つ目は鎌田先生のハイレベル化学です。理論、無機、有機の理解を深め、演習編で応用力を身につけることができます。2つ目は長岡先生の微積もぐんぐん応用編です。比較的問題の多い数Ⅲでの問題への様々なアプローチを学習することができます。3つ目は山口先生のスタンダート物理です。物理現象の詳しい説明があり知識を体系化することができ物理の頑強な基礎を身につけることができます。

続きはこちら

北海道大学 総合入試理系 合格

蔭西匠くん

小松高校 卒業

本格的に受験勉強を始めたのは三年の四月で英単語を覚えたり、理科の基礎的な問題を解いたりすることから始めました。英単語はとにかく見る回数を増やすことで定着させました。東進の受講で学校の授業の先取りをすることで演習する時間を増やすことができました。受験勉強を始めた時は成績が伸びて勉強することが楽しかったが、成績が伸びなくなった時期は苦しかったです。ただ副担任の人と一緒に勉強計画をたて、実行することで受験の後半には成績を上げることができました。

続きはこちら

北海道大学 総合入試理系 合格

亀田真帆さん

小松高校 卒業

私が受験生活を振り返り、やっておいてよかったと思うことは、1・2年生で基礎知識を付けることです。土日でも学校の自習室や東進に通い、予習はかかさず行っていました。3年生になり早めに応用問題に取り組むには基礎知識が必要だと感じました。

続きはこちら

北海道大学 総合入試理系 合格

田中俊平くん

小松高校 卒業

東進で取り組んだ志望大学過去問10年分が非常に役に立ちました。市販されている問題集は直近5年分ほどしかなく全科目を10年分取り組めるというのはとても魅力的でした。また、動画で解説を視聴できるため、間違えた問題や分からなかった問題をより簡潔に細かく理解することができました。志望大学によって入試問題は大きく異なるため、10年分しっかりと取り組め、かつ解説の視聴、添削演習を行える過去問10年分はとてもおすすめです。

続きはこちら

北海道大学 総合入試理系 合格

松井優介くん

小松高校 卒業

志望校別単元ジャンル演習講座や過去問演習講座など実践向きな問題をこなしていき、そこで見つけた苦手などをふり返って潰していくやり方をしていました。実際の試験には時間配分やケアレスミスなど、ただ問題を解くだけじゃない様々な要素があります。それらに慣れることで、本番でちゃんと実力を出せる試験に強い人になれるはずです。

続きはこちら

大阪公立大学 工学部 合格

富山翔太くん

小松高校 卒業

高校入試が終わってすぐに東進に通い始めました。おかげでスムーズに高校の勉強を始めることができました。受験期の勉強で大切にしていたこととしては自分は何をどうするためにこの問題集をやるのかといったことを意識化することです。こうすることが効率的な勉強につながると思います。高校生の皆さん、最後まで諦めずに第一志望へ向けて頑張ってください。

続きはこちら

金沢大学 学校教育学類 合格

金田陽希さん

小松高校 卒業

東進を早期スタートして良かったことは2つあります。1つは主要3科目の基礎固めを高3になるとやらないといけないことがたくさんあります。あらかじめ国英数が完成しているということは大きなアドバンテージになります。2つ目は、常に危機感を持って勉強できることです。危機感は勉強へのモチベーションに強くつながります。

金沢大学 学校教育学類 合格

吉中舞さん

小松高校 卒業

私は吹奏楽部に所属していました。特に1年生ときはなれない高校生活に苦しみ勉強との両立が難しかったです。最初は勉強を強いられる生活がいやだったけど、友達と励ましあいながら何とか両立が出来るようになりました。部活を終えて本格的に受験勉強にシフトしてみると、部活との両立の生活を振り返ってみると頑張る源になりモチベーションを高めて勉強に集中できました。

金沢大学 経済学類 合格

滝沢雄太くん

小松高校 卒業

私は高1の春から東進に通い始めました。主に、数学の受講を取っていたのですが、受講で完璧とまではいかなくとも、ざっくりさわりだけ勉強することで、学校の授業での理解度が大きく上昇しました。周りの生徒は、数学の時間あてられるのに怯えながら授業を受けていましたが、私は当てられてもこたえられるので余裕をもって、しっかりと授業に取り組むことができました。

金沢大学 理工3学類 合格

高井拓くん

小松高校 卒業

僕は部活を引退するまでは部活中心の生活だったので1,2年生の頃は最低限の勉強を続けていました。東進では自分のペースで授業を進めることが出来るので自分にとっては凄くよかったです。部活と勉強の両立を頑張ったからこそ引退してからは全力で臨むことができました。

金沢大学 電子情報通信学類 合格

田中希空くん

金沢大学附属高校 卒業

東進の授業では物理と化学に助けられました。どちらも苦手で学習があまり進んでいませんでしたが、この授業のおかげで苦手を得意に変えることができました。特に物理は得点源となるだけでなく、科目自体を好きになれました。

金沢大学 理工3学類 合格

水墅 亮くん

小松明峰高校 卒業

もっと早い段階から勉強を始めるべきだったと思いました。自分が1.2年生の時は、まだ時間が多くあるのでだらけてばかりいて受験期がどのようなものなのか、全く意識していませんでした。もし、もっと早くから始めていれば入試直前でももう少し余裕ができていたかもしれないので、大学に入ってからはだらけず、少しずつ確実に知識をつけていこうと思います。

金沢大学 生命理工学類 合格

北蒼太朗くん

小松高校 卒業

高校1年生で高速マスターの共通テスト対応英単語1800を完璧に覚えることによって共通テスト本番レベル模試でリーディングが安定して点をとれるようになっていたことが2,3年生になった時に役立ちました。高校2年生では二次試験の対策としてシステム英単語を4章まで覚えることによって英語に関しては自信を持つことができるようになったのが3年生で大きな支えになりました。

金沢大学 保健学類診療放射線技術学専攻 合格

河合穂乃香さん

小松高校 卒業

なかなか模試の点数が上がらなくて不安になることもたくさんありましたが現役生は最後までのびるという言葉を信じてあきらめずに勉強することができました。その結果共通テストで自己ベストを出すことができ最後まで頑張ってよかったと思いました。東進で過去問を10年分やりきることで傾向をつかめ、自信もつきました。私は1人で勉強するのが苦手なので23時まで東進で勉強したことが合格につながったと思います。

金沢大学 保健学類看護学専攻 合格

横山綾那さん

小松高校 卒業

東進の担任助手の方々には、たくさん励ましてもらい支えてもらいました。また、模試を受けた後の返却面談のときには、勉強のときのアドバイスをしてもらったり、進路のことを一緒に考えたりしてもらいました。共通テスト前日にも、緊張のせいで泣いてしまったけどそんな時でもずっと話を聞いてくれて、とても感謝しています。

富山大学 人文学部 合格

宮下 幸也くん

小松明峰高校 卒業

英単語や古文単語、地歴公民などの暗記要素は、過去の積み重ねがものを言います。国英数などの科目を周りが演習している間に暗記要素を勉強しなければならなかったのは差が開いていく感覚がして精神的にも辛いところがありました。しかし、英単語などは高速マスターで暇なときに進めていたので、遅れを取り戻せたと思います。

富山大学 工学部 合格

竹田悠史くん

小松大谷高校 卒業

私は今井先生の英語講座によって特に大きな影響を受けました。今井先生の講座で私はまず、英語の勉強をどうすべきかの考えが変わりました。日本ではスピーキングが軽視されがちですが、むしろ音読こそが英語を上達させる近道だと今井先生は言いました。こうおっしゃられた理由は省略しますが、私はそこから音読を行い、模試などでは40点台だったリーディングが共通テスト本番では70点以上取ることができました。

高知大学 教育学部 合格

彦野吏紀くん

小松明峰高校 卒業

東進模試で目標点に届かなかったときや勉強方法で悩んでいるときに担任助手の方には本当に助けてもらいました。私が納得いくまでずっと考えてくださったり、アドバイスをしてくださったりとたくさん私のことを支えてくれました。受験前には、緊張している自分に、何回も何回も励ましの言葉をかけてくれました。そのおかげで本番は自信をもって挑むことが出来ました。

慶應義塾大学 経済学部 合格

雄谷彬人くん

小松高校 卒業

僕が本格的に受験勉強を始めた時期は高3の7月からで、部活が終わった友人の成績が急激に上がったのを見て、焦りを感じたからです。高3の夏は主に、受講の消化のペースを上げ、英単語帳の全暗記など、基礎を徹底的に作りました。秋からは過去問演習に入り問題の傾向や自分の弱点を分析しました。東進の過去問演習講座は答案を何度も添削してもらえるので記述問題に対して自信がつきました。この点が合格できた大きな要因だと実感しています。

慶應義塾大学 経済学部 合格

杉本叶琉くん

小松高校 卒業

国立の受験に向けて、複数の教科を勉強する中で、基礎的な学力と応用力を身につけることができました。私立試験では国立と形式が変わっても、これまでやってきた勉強で対応し合格することができました。自分のする勉強法とその内容を信じ、頼れる東進の担任の先生を信じて最後までやりきることができたことが良かったです。国立は結果としては受験失敗でしたが、後悔のない楽しい受験にできました。

金沢医科大学 医学部 医学科 合格

赤澤有梨沙さん

小松高校 卒業

早くから始めてよかったものは英単語と数学です。英単語は、多く知っていれば知っているほど受験には有利になります。英語が受験に必要ないという大学はほとんどないと思うので理系の人も文系の人もやって損はないと思います。数学は、東進の高校対応数学を高校の授業より先に進めるようにしていました。そうすることで、演習の時間を多く確保でき、いつの間にか得意になっていました。

立命館大学 文学部 合格

大間丈弐くん

小松高校 卒業

東進の模試は2か月に1度、定期的に行われるため、1年次から共通テストに対応する力を付けることができます。また、返却も早く、詳細な分析によって、今の自分が苦手な分野を一目で理解することができるため、「自分は○○の分野が解けていないから、次の模試までに完璧にしよう。」など、自分の目標も明確になり、モチベーションの向上につながります。

立命館大学 総合心理学部 合格

谷敷日向子さん

小松高校 卒業

東進模試の成績表は点数や志望校判定だけでなく自分の必要な点数や、教科別にできている問題と出来ていない問題を分析してくれるので今後の学習計画に大いに役立てることができます。東進模試の判定は、本当に厳しくて私はほとんどDかE判定でした。それでも、やるべきことを毎日コツコツ続けていれば自然とグラフは右肩上がりになっていくし、合格に近づきます。私は、志望校の判定は変わらなくても、前回の自分と比べてできる問題が増えた、点数が上がったということをモチベーションにして頑張っていました。

東京女子大学 現代教養学部 合格

田上陽菜さん

北陸学院高校 卒業

私のお薦めの講座は今井宏先生の「C組・基礎力完成教室」「B組・実力アップ教室」です。C組は毎回20文ずつ例文が提示され、一つ一つ丁寧に教えて下さるので名前の通り「基礎力」を固めることができると思います。B組では主に応用を扱っています。B組でも速読の力や読み方を教えてくださるので、B組とC組をやれば力が身につくと思います。また今井先生は雑談が面白いので、苦なく続けることができました。